大阪難波でアラフォー『美魔女』を集めたホテヘル!!

今回紹介する「R-1 リアルアラフォーファースト」さんは「美魔女」と呼ばれるアラフォー女性を集めた大阪難波の人妻ホテヘル店です。

キャッチコピーは…

『難波・心斎橋でデートしたい…
 そう思わせる美魔女を貴男の為に集めました。
 リアルにキレイなアラフォーが勢ぞろい』

最近は「R-1 リアルアラフォーファースト」さんのように年齢を感じさせない女性を売りにしてるお店が増えてる気がします。
私が10代の頃は「こんな40代いないよぉ」ってアラフォー向けのファッション誌のモデルさんと現実とのギャップを感じてましたが、最近では確かにフツーにいますよね、モデルさんみたいな人。

「R-1 リアルアラフォーファースト」さんはホームページのデザイン要望も、全体的に落ち着いた色を使ったキレイ目のデザインや生々しくて派手な感じの所謂「人妻風俗」のデザインではなく、ファッション誌を思わせるようなスタイリッシュな感じにとのご要望でした。

まず「ファッション誌っぽい」てどういうことだろうと考えました。
ファッション誌といえば、表紙や電車で見る中刷り広告をイメージとして浮かべますよね。
服を着たモデルさんをメインに文字組や装飾がされてるものがほとんどです。
雑誌のロゴには装飾があったりしますが、その他の文字に装飾はほぼないことが多いです。
その代り、フォントの太さや字間を変えてメインのキャッチコピーが目立つように工夫されていたりします。

その辺を踏まえてラフを作っていきました。

まず大事なのはメインの色ですよね。
色味は全体的に明るい色を使っても違うなぁと思ったので、少し深い色味を選びました。でも今回は「美魔女」が在籍するお店。なので、ロゴ部分のグラデーションに一部明るい色を入れてみました。ロゴのもう一つのポイントは美魔女の典型!!(個人的なイメージかなぁ、、)って感じのゆるふわヘアーのシルエットを入れてみました。他に写真や装飾がない分このシルエットで一気に美魔女感でましたよね??

こちらのお店は納品時、カバー画像の有料作成も頂いたのでページデザインにも統一感保たれてます。
また背景をテクスチャのみにしていて周りがシンプルな分、女の子の写真やカバー画像、記事などに自然と目がいくので、いい傾向かと思います。

カバー画像や女の子の写真などホームページに表示する内容を目立たせたい場合は、ベースのデザインはシンプルな方が内容が映えていいなぁと思った案件でした。


デリヘル開業・風俗開業の
ホームページ制作はお任せ下さい!

ワンウィークパック
TEL : 0120-535-225
HP : http://1wp.jp
営業時間 : 11:00~17:00 休日 土日祝日