お店を繁盛に導くコンテンツの話

私は前職でもホームページの運営に携わる仕事をしていました。
今回はその中で私がとあるホテルの中にある中国料理店のホームページの運営をお手伝いした時の話から初めたいと思います。

ある日お店の担当者から、お店の認知度を高めるべくfacebookを使いたい!と相談を受けて、凄くやるせない気分になった思い出があります。
それまでそのお店はホームページ運営と並行して毎日持ち回りでスタッフさんがブログを更新されていました。
別に珍らしくもない取り組みなんですが、スタッフが1番若くても40代半ばのお母さん達ばかりで、単なる主婦の友ブログと化しており、今すぐ閉鎖した方が幾分か客の入りも良くなるんじゃないかと思うくらいつまらないものでした。

お店の担当者は、ホテル側からやれと言われてやり続けてる感満載で、とにかく誰に見られずともただ一心に何かを続けていることに意味があるという熱い精神論の持ち主で3年以上このブログを守ってきたのでした。

これはもうfacebookが上手くいく要素なんかまったくないよね!と思っていたのです。

せめてもの救いはブログを閉鎖しfacebook一本でいきましょう!となった事です。仮にもホテル内にある高級料理店として地域では認知されていたので、なんとか品位は保たれそうだとひとまず安心しました。

巷ではfacebookで集客系の書籍もちょこちょこ出ていたので、それらを参考にしつつ、とりあえず何をどう更新して良いかわからないというお母さん達の為に、資料をつくり、大好きな動く絵文字はそんなに使わなくても結構ですよという細かい部分も理解してもらいつつ、何よりお店の評価を落さない様に気をつけて下さいと何度も言っていたのでした。

私の話が役に立ったのかどうかは分かりませんが、今でもいい感じで更新されていてファンもたくさんいる様で非常に良かったと思います。

集客と言う事においては、今の風俗業界の方が遥かにシビアですが、どうやったら繁盛するかお店の人と考えながら作る作業は同じだと思っています。

さて、ちょっと話はそれますが、風俗業界の行末はどうなるんだろうと思って色々調べていた所、「アダルト向け市場に関する調査報告2016」という、民間の調査会社がやっているリサーチ報告を見つけました(今年の2月の調査報告なのでやや古いですが、2017年版も忘れずチェックしたい所です)。

アダルト向け市場とは、酒やタバコなどの嗜好品、コンドームやED薬、エロ本(リサーチ的にもエロ本て表記なんですね…)、そしてソープランド、デリヘル、ファッションホテルなどを含めたいわゆる大人の楽しみ全般の事で、その調査の中で[分野別市場規模]という項目があって見てみると、全部の中で市場規模が大きくなっているのが風俗サービスだけ…。

2013年度と2014年度を比べた内容なのでまた変わるかもしれませんが、これは風俗業界には追い風かと思いながら、[2020年までの成長業界動向]の調査ではデリヘルなどの無店舗型サービスが伸びるだろうと言う事で、デリヘルが引っ張る感じで風俗業界は盛り上がって行くのだろうと思われます。

やった!今後の風俗の展望は明るいぞ!と言って何もせずほうっておくと 置いて行かれるのでしょうけど、かと言って先ほどの中国料理店のブログのように、単純に更新する事が正義と信じて、間違った方向に舵をきっていたら…と言うのも少なからずある話だと思うのです。

ホームページを運営する限りは、更新作業は必要です。でも何の反応もない部分でひたすら頑張っても得られるものは少ないでしょう。
面白いサービスや他に良いコンテンツないかな?とかそういった部分に時間を使いたいところですし、最終的にはお店が儲かってなんぼですから作り手側としてもそうあって欲しいと思います。

でもどうしたらいいか分からない!
正しい舵取りが出来ているかなんて分からない!

それが1番難しい所ですし、そこに私たちが協力できる部分もあるのではないかと思います。
お客さんへアプローチが何か必要だと感じた時、面白いサービス、コンテンツが作りたいとお考えの際は、一旦ホームページ制作会社に相談した方がより適切な形で実現するかと思います。

さて最後にコンテンツの参考になるお店をご紹介したいと思います。「淫乱ペット倶楽部」さんの助平なムービーですが、これ以上は望めない…最上級の部類に入ります!

携帯用電動マッサージ機(風俗業界では電マと呼ばれ普通のトークで使わない方が良い)を使っていやらしい行為を行っているムービーを公開されています。

これが反則かどうかなんて私には分かりませんが、you tubeですぐに削除されてしまうような内容のエロ動画も私たちにご相談頂ければ配信可能になるという事です(謎の自信)。

気になった方はご覧いただければと思います!
閲覧時はボリュームにご注意下さい。

ご紹介したお店へは
「ペット デリヘル」 で
検索して見てみてください!